かすたまいんど

アンチエイジングにハマる31歳。趣味:ブログを書くことと、会社をサボること。将来の不安:会社クビになったらどうしよう。

かすたまいんど。

乾燥しない!ORBIS(オルビス)のリップグロス”ピュアトーク”を使ってみた感想

f:id:osakanasango:20200207183659p:plain

こんにちは、YAKANです!

 

口紅やグロスって、たくさん色が選べるじゃないですか

 

中でも「赤」、それもかなり発色の強い赤ってすごく人気ですよね

 

赤いリップが人気な理由としては

 

  • 唇の色が映え、顔色が明るくみえる
  • 口角が上がり、若々しくみえる
  • セクシーにみえる

 

といったものが挙げられます。

 

アラサーの唇にマットな口紅は厳しい

ほとんどのアラサーに共通すると思いますが

まっさらな状態の唇に、直接口紅を乗せることって、まず無いですよね?

私の場合、そんなことしようもんなら10秒後には

唇の皮がズルズルに剥けます(苦笑)

 

そもそも、乾燥していて綺麗に塗ることができないかも・・・

 

ですから、必ずリップバームやクリームなどでしっかり唇を保護・保湿したうえで口紅を塗ります。

 

しかし、このやり方には少し問題があるんですよね・・・

 

リップクリームのせいですぐ落ちる

保湿力の高いリップクリームは油分が含まれているため、その上から塗った口紅はいとも簡単に落ちてしまいます。

 

塗りなおしの回数、口紅の減るペースが半端ではありません。

 

そこで、リップクリーム→口紅の後にしっかりコーティングできる、保湿力の高いグロスが無いか、探してきました!

 

落ちにくく保湿力抜群の『トークリップグロス

唇が乾燥するわ口紅落ちるわで困っていたときに、見計らったかのようにORBISからDMが届きました。

 

そのDMで紹介されていたのが『トークリップグロス

 

この商品、呼気にまれる水分を取り込む成分を配合していて、会話するほど唇をうるおす効果があるそう。だから商品名に『トーク』って入ってるんですね。

 

また、ジェット粉砕した細かい色素を採用しているから、唇に色みがピタッと密着して長時間落ちにくい構造になっているとのことです。最高じゃないか。

 

ラインナップは

の5色が、販売されています(2020年2月現在)

 

そんな中、今回私がおすすめしたいのはピュアトークです。

f:id:osakanasango:20200207153229j:plain

トークリップグロス『ピュアトーク

トークリップグロス『ピュアトーク』のいいところ

保湿力や落ちにくさについては先ほど説明しましたが、このグロスは『口紅と重ね付けすること』が前提の製品となっており、重ね付けすることで、その口紅のニュアンスが変えられるんです。

 

つまり、冬用に買った重めの(暗い)色の口紅に重ね付けることで、春仕様にチェンジできるんです!

 

ということで、使ってみた!

写真が暗くて申し訳ないですが、商品自体は沖縄の海みたいな色してます。さわやかな水色です。

 

f:id:osakanasango:20200207154418j:plain

 

(こっちも写真暗い・・・)口紅のほうは、私が愛用しているジル・スチュアートのローズ系です。うーん、濃い!(笑)

 

f:id:osakanasango:20200207154333j:plain

 

そのまま塗ると、こんな感じ

 

f:id:osakanasango:20200207154911j:plain

 

この上から『トークリップグロス』を塗ると、こんな感じ

 

f:id:osakanasango:20200207154946j:plain

 

まってw

 

写真撮るの下手すぎない?

 

実際は、輪郭がちょっとぼやけて(ていうかぼかした)ラメの効果もあり透明感が出ます。ちょっと明るく、春っぽくなったかな?というかんじです。あくまでニュアンスが変わるかんじで、カラーチェンジャーとは言えないかな。

 

しかし何より、保湿されてる安心感がすごくいい・・・!にもかかわらず、ベタベタしない。不思議です。超うれしい。

 

私はわりとグロス系はベッタベタに塗りまくるので、商品自体の量が少ないっていうのが気になります。あと、チップが固くて細くて塗りにくい。商品ページには、こだわりのチップとの記載がありましたが・・・人によるのかなあ。

 

まとめ:乾燥しがちな唇には超おすすめ

使用感をまとめると

 

  • 乾燥がひどいYAKANの唇に効果アリ!
  • 長持ちする(落ちにくい)
  • 唇がすごいツヤツヤする
  • 縦ジワが減る

 

といったところでしょうか。

 

リップ系はどうしても個人差が大きいので、気になった方は、まずは試してみてくださいね。

 

おわり